--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
09.15

かなり独り言

Category: 雑記
今回の記事は、ものすごく個人的なもの。懐かしさにそっと触れる独り言。
偶然にもそんな出来事があった。自分の記憶から消えていかないうちに残しておこうと思った。
今回、超真面目。ホントだぞ。アホな文章も画像すらひとつもない。期待して最後まで読んだあとにクレームつけないように。

では、私のおすすめ曲、徳永英明先生のレイニーブルーをバックミュージックに。
余談だけど歌わせたらうまいぞ、ワシ。





私がドラクエ10をはじめてから約1年。やり始めてまもなく、チームというものに加入させていただいた。チームに加入したのは一度きり。今現在もずーーっとそのチームにお世話になっている。

気付けば私もチーム内ではかなりの古株になってしまった。つい先日も新しい方が加入したこともあり、またさらに古株化が進んでしまったなぁ(笑)それぞれ個性ある楽しい方たちが加入されるたびに、初回からアクセル全開で絡んでいったものだ。それは私にとっては実に楽しい時間。

のちに言ういわゆるバウンティタイム状態と呼ばれるものだった(笑)

まぁ、それとは逆に寂しい別れも何度か味わってきた。初期メンバーをはじめ、様々な事情で去って行った者たち。もちろん個人の考えで出した答えだ。外野がどうのこうの言える立場ではない。

とは言えやはり思うところはいろいろある。当然仕方ないと割り切れるものもあったし、どうしてなんだっていうショッキングなものまであった。長いことその場にいる分、いろいろな出会い別れを見て来た。

そうやって出会いそして別れた者たち。もちろん今でも楽しい思い出とともに全員のことはよ〜く覚えている。





つい先日のこと。チームメンバーに誘われて集合場所に向かう途中だった。グレンにある自宅から、おもむろにルーラストーンを取り出し指定された鯖へカーソルを合わせた途端。私は目を疑った。本当に一瞬だったが、画面の前で私の体が硬直した。

私が向かおうとしている鯖、そこのフレンド欄に見覚えのある名前がひとつあった。そのフレはかなり早い時期に、チームから、そしてこのゲームから去って行ったはずだ。それ以来、名前も姿も見かけていなかったのに。
「おい、嘘だろ・・・なんでいるんだ・・・」







その当時、私はそのフレとはだいぶ仲良くさせてもらっていて、よく一緒にレベル上げやボス戦、雑談等をしていた。一番思い出に残っていることは、初めて人間の姿に戻った時。まさかお互いが似たような容姿を選んでいたとは(笑)もちろん今のように美容院などが当たり前のように実装されていなかった。髪型一緒じゃんか。色が違うのがせめてもの救いか。そんな冗談話で盛り上がっていたものだ。







今現在、私のキャラは髪型も色も当時の面影は残っていない。そんな私は少し戸惑いながらも、その鯖へ向かう。

(声をかけるべきだろうか・・・。でも、なんて話しかければいいんだ?まさか人違いってことは?しかしフレ欄に出てるんだから、やはり間違いない。彼は戻ってきたのか・・・。しかし、なぜ今頃?)

そんなことを考えているうちに、フレチャが届いた。





彼からだった。





「やあ、バウさん。久しぶり^^」

あまりにもあっさりとした挨拶。予想外のかる〜い挨拶。



・・・いや、待てよ。この人、前からこんなノリだった。そうそう、めっちゃかるかったじゃん!
私の脳裏に次々と思い出される彼とのつながり。




私も恐る恐る挨拶を返してみる。

「おおお!すっごい久しぶりじゃないか〜〜!!」 「今までなにしてたのさー?」



彼からもすかさず答えが返ってくる。

「うん。10ヶ月ぶりぐらいかな〜」 「別のゲームやってたw」







10ヶ月・・・


オンライン初心者の私にとっては、なんて長い期間なんだと感じた。

新規購入した人が今から始めるのとはわけが違う。1〜2ヶ月とかならまだしも10ヶ月経って、また復帰しようっていう気分になるもんなのか?と思った。

まぁ、考え方・受け取り方は人それぞれだろうってのも分かってる。10ヶ月なんて短いほうだと思う人もいるはず。でも、私個人の意見としてはいささか理解できない期間だったのさ。





でも彼は今そこにいる。何事もなかったかのように普通にプレイをしている。レベルだって当時の上限50のままだし、髪型や色だって当時のまま、もちろんドレスアップだってしてないだろうし、家だって持ってないはず。


それでも彼は戻ってきた。そして変わらぬ口調でしゃべりかけてくれた。






うれしい。

うれしすぎる。

続けてる期間だの、レベルだの、その他もろもろ大きいものから小さいものまで、そんなこたぁ、このゲームの前では、そして俺の中では全く関係ないんだ!

俺がこのゲームをやって一番感動したこと。それは生身の人間同士で繋がりが持てること。

顔も名前も住んでるところも分からない。それでも繋がりが持てる。楽しい会話ができる。もっと大それたことを言わせてもらえば、信頼関係すらも築ける。





また彼と繋がりを持てる。それだけでうれしい。

彼も私がまだ辞めずに遊んでいたことに、もしかしたらビックリしたかもしれない。(うわ!お前、まだやってたんか!?)って(笑)そう考えるとお互い様だな(笑)

これはかなりおこがましい言い方になるかもしれんが、彼も私がまだいたことにうれしさを感じたんじゃないかな。えへへ。絶対そうだよ〜。







他の方の記事でもよく目にすることだが、ここ最近、私の周りでもFFに移った人を多く見かける。完全に移った人もいれば、イン率は減ってもドラクエと掛け持ちでやっている人もいる。どのように遊ぼうともこれまた思いっきり個人の自由ではあるが、本音を言えばやっぱり寂しいものはあるよ。どこかで築いてきた繋がりが切れちゃうんじゃないかって。

でも、今回の彼が戻ってきた例もある。いつ何がどうなるか、人間の心なんて誰にも分からんものさ。時には自分にだって分からなくなることもあるんじゃないかな。ああ、それはちょっとヤバいね(笑)

寄せては返す波のように。近づいたり、時には離れたり。それでも繋がりは切れない。そう簡単に切れるものじゃぁない。またどこかでひょっこり会えれば嬉しい。相手も嬉しい。そして楽しむ。そんな繰り返しも、こういったゲームにはあるのかな。



今回はそんなことを感じた体験だった。う〜ん。マジメっぽい文章書くのは難しいね。いまいち何が伝えたいのか分からんわな。あくまで私個人の意見として受け取ってほしい。とにかくフィーリングだけで感じ取るように。がんばれ(爆笑)





最後に、私がどこかで聞いて印象深かった言葉を載せてみたい。



ほんの一瞬のことでもいい。良くも悪くも出会えたもの全てに意味がある。
今まで出会った全ての人に意味のないヤツはいない。




あ!彼にブログのこととボタン押すこと伝えなかった。今度伝えりゃいいか。
本日もご満足いただけたでしょうか。いただけた方は押してください。

ドラゴンクエストX ブログランキングへ
トラックバックURL
http://baudq10.blog.fc2.com/tb.php/12-7740d3d6
トラックバック
コメント
泣けるねぇ;;
イイ話じゃん。
オンゲ結構やってるけどレアなケースだね~。
事情があって休止するしかなかった人以外で、長期辞めてて復帰なんて見たことないなぁ。
ちぇか☆dot 2013.09.15 09:48 | 編集
> ちぇかや〜ん

普段、強ボスなんか行かない俺が、その日は行くことにした。
そしてたまたまルーラで飛ぼうとした鯖に名前があった。
こんな偶然なんてあるのかね!?まさしく「ラブストーリーは突然に」!
って言っても男同士なんだけどさ・・・
バティdot 2013.09.15 11:32 | 編集
先生もしかして、さとさんですかい?
アリアハンdot 2013.09.16 18:16 | 編集
> アリさ~ん

そのとおり。抹茶好きな人です。
って、なんでアリさんまで見てるんだい!!!
アリ子さんだけには絶対見せないでください、恥ずかしい。
バティdot 2013.09.16 19:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。