--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
09.20

意馬心猿

Category: 雑記
もうね、開き直ってネタ不足をネタにしようかと思ってる。

釣りネタは残ってるのだが、執筆時間が思うように取れなくて記事としてあげられない。

いやいや、これ書いてる時間で書けるっしょ?って思うよね。

うん。先生もそう思う。





他にもいろいろと日々冒険はしてるんだけどね、いかんせん眠たくて眠たくて写真も撮らず記憶もうっすらなので記事にできない。

それならばと過去記事になにかネタを広げられるものはないかと眺めてみても、彼らは何も答えを返してくれない。

やはり先生が作った記事だけあって、内容が薄い。

髪の毛と同じで薄い。

なんか・・・悲しい。





そんな中、下書きのまま放置してある記事をふたつ見つけた。

はて?こんなの書いたかな?

記憶を呼び覚まそうとしても戻らず、先生の海馬はフル回転。

一瞬でオーバーヒート!

諦めちゃあいけない。

これを千載一遇の大チャンスと捉えよう。

この下書きを完成させれば素敵な記事ができちゃうかもしれない。










ひとつは、2013年11月19日に下書きしたらしい。



タイトルは「ネット カフェ マーケティング」となっていた。





なんのこっちゃ???






まあ、タイトルの付け方はものすごく適当な場合が多いからね。

これはあまりヒントにならないようだ。

肝心の本文を読んでみた。





<以下、本文をそのままコピペ>



ネカマ

グリコ ポッキー 大人のミルク

風呂あがったらリビングのテーブルに置いてあったので、2本ほどパリポリ。

パッケージの表を見ると「パイ食感」の文字。裏を見れば「新・パイ食感」の文字。

ふむ。たしかに食感がサクサクしとる。

夕飯をつくっていた嫁にしゃべりかける。

私「これ、どう思う?」

嫁「どうって?」

私「パイ食感らしいんだが」

嫁「へ~」

私「新・パイ食感らしいぞ。パイって言わればパイ食感っぽいけどね。パイか~~。」

嫁が無言になった。

私「いや、変な意味には思ってないよ。パッケージに書いてあるんだって(汗)」

発言してる時点で「思ってるじゃん」ってことで、先生自滅。

嫁からものすっごい冷たい視線が送られてきた。

ちゃんと書いてあったのにーーー



<本文終わり>





はあ・・・

なんか溜め息でてきちゃう・・・

なにが言いたいのさ、お前さんは???

どこにもドラクエの単語ないじゃん。

しかも冒頭の挨拶文、いま読むとすっごくおもしろくない。

恥ずかしい。

過去の自分を責めたいのだが、今も似たり寄ったりの記事を書きまくっていることに気付き、なにも言えなくなった。

唯一、「ネカマ」という単語がドラクエに存在しているキーワードとなりえるだろうか。

ん?

おやおや??

タイトルの「ネット カフェ マーケティング」。

頭文字をとれば「ネ・カ・マ」。

そうか!

これは「ネカマ」について先生なりの意見を述べようとしたに違いない!










で・・・

なに書こうとしてたの???

いや、ネカマを題材に書こうとしたのは分かる。

分かるけど、やっぱり分からない。

あなたがネカマについてなにか考えたことあったっけ?

ないよね?そう、ない。

いったいあなたは何を書こうとしてたのか・・・

私の海馬は「知らない」と言っている。

私の海馬よ、時空の彼方へ飛んで行け。

こんな時、ドラえもんがいてくれたらいいのに。










ふたつめの下書きは2013年11月25日



タイトルは「黄金頭巾僧侶(本気モード)」





ホ・・・ホントか、これ?

お前、あの地雷僧侶に続きあったのか?

しかも本気モードって・・・

これは期待大だ。

久しぶりにスマッシュヒット狙える匂いがした。

ってか、黄金頭巾僧侶の記事を知ってる人ってまだいるの?





<以下、本文をそのままコピペ>



ガイアとジャイアン、響き似てる?

微妙だよね!



<本文、終わり・・・>










・・・・・・。

終わり。

そう、終わり。

ここまでしか書かれていない。

ガイア、書こうとしたのかな・・・

でも、私の海馬が「おそらく違う」と言っている。

あの頃はガイアも人気あったんだろうね。

でも、なんでかな。

なんにも思い出せない。

もう、なにも言えない。

私の海馬はミジンコ並に小さくなってしまったのだろうか。

海馬よ、せめて米粒ほどになっておくれ。










いや、いいんだ。これでいいんだ。

こんなちょっとしたキーワードで何かが起これば。

これを読んでくれた人が、ガイアと初めて対峙した時の緊張感や楽しさを思い出してくれれば。

僧侶という責任重大な職で強敵に挑んだ時のことを。

僧侶じゃなくてもいい。

ガイアじゃなくたっていい。

いろいろな職で様々な強敵に挑み、敗れ、立ち上がり、再び挑んだあの日々を。

どうやったら勝てるかを必死に考え、見事強敵を打ち倒したあの瞬間を。

思い出す場面は人それぞれ。

思い出せる範囲も人それぞれ。

思い出せる範囲は、それぞれの海馬で決まるだろう。










さて、あなたの海馬の大きさ、いかほどに?





本日もご満足いただけたでしょうか。いただけた方は押してください。

ドラゴンクエストX ブログランキングへ


トラックバックURL
http://baudq10.blog.fc2.com/tb.php/82-befc3091
トラックバック
コメント
ゆっくり休んで…………
カイチョーdot 2014.09.20 08:51 | 編集
> かいちょ〜〜ん

ゆっくり頭の体操してきます。
バウdot 2014.09.20 12:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。